優光泉の成分は地元食材から抽出される酵素が中心

優光泉は酵素ドリンクとして販売されている商品です。ですので、主な成分は酵素です。酵素は人の体の中に存在するものですが、消化吸収を助けたり、健康維持に貢献する働きを持っています。

しかし、人の体の中で生成できるものばかりに頼らず、食べ物から積極的に酵素を取り入れることで、健康や美容に良い作用をもたらしてくれます。それを実現させるために酵素ドリンクが役立ちます。

酵素ドリンクの優光泉は、九州産の野菜や果物、海藻などに含まれる酵素を配合しているのが特徴です。すべて国内産の食材にこだわりを持っていますが、60種類のうち、約90%が優光泉を製造販売するメーカーの地元である九州産のものです。

直ぐ側で育った新鮮な食材を使っており、栄養が豊富であることから、たっぷりと酵素を取り入れられるメリットを持っています。一般的に料理に使われている部位だけでなく、栄養が詰まっている皮や葉の部分まで原材料に使っているのがこだわりのある部分です。栄養価の高い旬の食材を中心に使っているのも特徴的です。

体や美容に良い成分の酵素を効率よく体内に取り入れるために、原材料である食材を発酵させるのがポイントです。これらの食材は生のまま口に入れても、あまり多くの量の酵素が取り込めません。ところが発酵させることで酵素の吸収が良くなります。1ccの中に、数百万個もの酵母菌が含まれている商品でもあります。

原材料を細かく見ていくと、大根やキャベツ、ニンジンにトマト、さつまいもやパイナップル、カボチャにパパイヤ、生姜にレモンなど、他にもたくさんの食材が使われています。ごく普通の食材ばかりですので、安心して毎日のように飲めます。

無添加であるのもポイントです。口当たりを良くするために砂糖やハチミツなどの甘みや、香りを良くする香料などが使われていません。原材料の食材そのものの風味を持っています。低カロリーに仕上げていることから、ダイエットを効率よく行えるのがメリットです。

砂糖やハチミツが含まれていないと味がぼけてしまいそうですが、梅味が用意されていますので、飽きることなく続けられる良さがあります。スタンダードな味と梅味の2種類を使い分けるといった工夫が可能です。梅味のものであっても成分の品質が落ちることはありません。

また、低カロリーな優光泉は、他の食品と合わせて飲むことができます。ヨーグルトと合わせたり、コーヒーや紅茶などに入れることも可能です。レモンスライスを入れる、炭酸水でわる工夫もできます。