優光泉を飲むなら試したい効果的な飲み方

優光泉を飲むなら、必ず実践したいのが効果的な飲み方です。誤った飲み方をしてしまうと、最大限の効果を発揮することができずに、ダイエットにも失敗してしまいます。ダイエットに成功したいなら、効果を高める効率的な方法で飲みましょう。

優光泉の効果的な飲み方は、プチ断食です。断食でイメージするのは、数日間飲まず食わずで苦しいイメージがあるかもしれません。しかし、優光泉の場合はそこまで苦しいものではなく、比較的楽にできます。

一番断食が長期に及ぶ場合は、3日断食です。3日間の全ての食事を優光泉だけに置き換え、お腹が空いたらその都度飲むようにします。

しかし、3日間の断食をする場合には、体に負担をかけないように準備期間と回復期間を用意しなければいけません。

3日断食を始める1週間ほど前から、揚げ物など胃腸に負担がかかる食事は避け、ビタミンやミネラルを補給できる和食を中心にメニューを組み立てます。

3日断食が終わった後は、好きな物を思いっきり食べたくなるかもしれません。しかし、終わった後に好きな物を好きなだけ食べると、胃腸に負担をかけて健康に良くないです。

そもそも3日断食のダイエット効果も台無しにしかねないので、回復期間として胃腸に負担をかけないおかゆや味噌汁など、和食中心のメニューにします。

3日断食が終わった後、さらに3日間回復期間として胃腸に優しい食べ物を選べば、体に負担をかけずにもとの食生活に戻すことができます。

3日断食は効果を比較的早く実感できますが、準備期間や回復期間を考えると面倒に思うかもしれません。もっと簡単な効果的な飲み方としては、1日断食です。

1日断食も準備や回復期間は必要ですが、3日断食ほど辛くはありません。断食する1日は適度に塩分を補給しながら、お腹が空いたらその都度酵素を摂取しましょう。

1日断食より気楽な飲み方なら、朝食を抜くだけのプチ断食です。朝食を抜くプチ断食だと長期間続ける必要はありますが、準備期間や回復期果は必要ありません。

朝起きて優光泉を飲んで、お昼までにお腹が空いたらその度に飲むようにしましょう。昼食や夕食については、一般的な食事で構いません。

カロリーを考えメニューを決める必要がありますが、好きな物を食べることができるので、精神的な負担が少ない効果的な飲み方でもあります。

効果的な飲み方にはプチ断食や1日、3日断食など様々な方法があるので、自分に最適な飲み方を選びましょう。